成果をしっかりと出せる人材かどうか

経歴はしっかりと語れるようにしよう

外資系企業に転職で入社しようとするとき、応募者に求められるのは「即戦力になれるかどうか」です。新卒で入社する人には将来の成長を期待して採用される例もありますが、転職者はいきなり管理職で活躍する例もめずらしくないため、一定の能力や経験を求められる傾向にあります。こうした状況をふまえて、職務経歴書は入念に作成してそれまでの実績をアピールできるようにしましょう。面接が複数回あるのが一般的なので、口頭でも自分の能力や経験を語れるようにしなければいけません。過去の話だけではなく、「このような(仮定の)状況に直面したら、どう対応するか」などの質問もよくあるので、面接については練習しておくのも有効な選択肢です。

高い語学力は欠かせない

職種によって差がありますが、外資系企業でバリバリ活躍するなら高い語学力は不可欠です。職場で使われる言語が日本語ではないのはよくある例で、海外の同僚や取引先と外国語で連絡をとることもよくあります。会話はコミュニケーションの基本なので、成果を出すために一定の語学力が求められるのは当然です。能力や経験の点では採用に値するとしても、語学力が一定レベル以下だと不採用になる可能性は大いにあります。語学力は検定のスコアで客観的なアピールができますが、面接を通じて外国語によるコミュニケーション能力を判断されるのはよくあることです。発音などに自信がないなら、早めに外国語学校で訓練を始めましょう。外国語の面接で相手の質問がよく聞き取れなかったとき、聞き返したとしても失礼にはなりません。冷静な対応が大切です。

得意な英語を活かしたい方やグローバルに活躍できる職場で働きたい方は、外資系に転職したいと考えることも多いのではないでしょうか。外資系企業へ転職するには通常の転職とは異なることもあり、違いを知っておくことが重要です。ここでは外資系企業のメリットと転職するときのコツなどを詳しく紹介します。

© Copyright Foreign Workplace Introduce. All Rights Reserved.