外資系企業は実力主義の世界

多くの外資系企業では、就労年数や経験などよりも、いかに会社の利益に貢献できる人材であるかを重要視する傾向がみられます。どんなに優れたスキルを持っていても、結果を出せなければ評価されません。反対に、経験が少ない人でも結果さえ出せば、昇給・昇進が期待できます。事実、20代という若い年齢で重職を任されている人も、外資系企業では珍しくないのです。外資系企業へ転職する場合は、自分の実力を最大限にアピールして、どのくらいの結果を残せるのか、具体的にコミットする勇気も必要になるでしょう。目標以上のパフォーマンスを発揮できれば、若手だろうが女性だろうが誰でも昇進していけるので、やりがいを感じられる環境ともいえます。

アピールしない人は過小評価されがち

外資系企業では、日本人特有の謙虚さや遠慮は「積極性に欠ける」と判断される恐れがあります。例えば、会議中にほとんど発言しなければ、会議に参加しても意味がない人だと過小評価されてしまうこともあるのです。「出る杭は打たれる」という日本文化は、外資系企業では通用しません。自分の意見をはっきりと主張して、積極性をどんどんアピールしていきましょう。いい意味で目立つことが、外資系企業では好印象に繋がるといえます。また、外資系企業では年齢による序列がないため、年上の同僚ともフランクな関係です。自分よりも年上の同僚だからといって、遠慮する必要はありません。年齢に関係なく、自分の考えをしっかり発言できる人物が評価されます。

得意な英語を活かしたい方やグローバルに活躍できる職場で働きたい方は、外資系に転職したいと考えることも多いのではないでしょうか。外資系企業へ転職するには通常の転職とは異なることもあり、違いを知っておくことが重要です。ここでは外資系企業のメリットと転職するときのコツなどを詳しく紹介します。

© Copyright Foreign Workplace Introduce. All Rights Reserved.