過去に経験した業務の内容を簡潔にまとめておこう

外資系企業の中途採用の選考の際には、外国籍の採用担当者との英語面接が行われることが少なくなく、応募者の英語力やコミュニケーションスキルなどが厳しくチェックされることがあります。英語面接で聞かれる内容は、各企業の方針や主な事業内容、採用職種などによっても異なりますが、担当者にプラスの印象を与えるには。過去に経験した一通りの業務の内容について簡潔に答えられるようにしておくことが大事です。英語面接の経験がない人や、英語に対する苦手意識がある人は、スムーズに自分の言いたいことを表現できないこともあります。そこで、採用面接に備えて自宅で英会話の教材を使って勉強をしたり、社会人向けのスクールを利用したりするのも良いでしょう。

入社後に取り組みたい仕事内容を積極的にアピールしよう

外資系企業の英語面接でライバルに差をつけるには、志望動機や自己PRに力を入れるだけでなく、入社後に取り組みたい仕事内容についてアピールすることが大切です。グローバルにビジネスを展開している大手の外資系企業の中には、中途採用者の希望に応じて、海外勤務のチャンスを与えたり、将来に役立つ専門的な業務を担当させたりするところが多くあります。そのため、転職後に様々なフィールドで活躍をするために、採用面接のチャンスを利用して、自分自身の適性や能力などを担当者にインプットしてもらうことが重要となります。その他、英語面接をスムーズにクリアするうえで、日頃から英語のネイティブスピーカーと会話をする機会を設けたり、外資系転職の経験がある人にアドバイスを聞いたりすることがおすすめです。

得意な英語を活かしたい方やグローバルに活躍できる職場で働きたい方は、外資系に転職したいと考えることも多いのではないでしょうか。外資系企業へ転職するには通常の転職とは異なることもあり、違いを知っておくことが重要です。ここでは外資系企業のメリットと転職するときのコツなどを詳しく紹介します。

© Copyright Foreign Workplace Introduce. All Rights Reserved.