キャリアアップを目指すなら英語力を鍛えよう

外資系企業では、海外の取引先や顧客と商談をしたり、同僚と英語で会話をしたりするシーンが多くあり、職種によっても事情が異なりますが、おおむね英語が得意な人が重宝される傾向があります。また、多角的なビジネスを展開している外資系企業においては、新卒者だけでなく中途採用者に対しても有意義な経験を積ませるため、国内の支社に勤めた後に海外赴任を命じているところも少なくありません。そこで、外資系企業で定年までしっかりとキャリアアップを図りたい場合には、ビジネスシーンで十分に通用する英語力を鍛えることが大切です。その他、転職後に職場内で英会話の研修を受けるだけでは不十分なこともあるため、会話や聞き取りなどのスキルをバランスよく身に付けるうえで、自主的に英語学習を進める必要があります。

語学に長けた人は採用試験でプラス評価の対象になることもある

英語の検定や資格のハイスコアを取得した人や、欧米での勤務経験が豊富な人は、外資系転職の際にプラス評価の対象となることがあります。なかでも、様々なテーマで流ちょうな英語でコミュニケーションができる人は、営業マンとして重宝される傾向があります。求職活動を通じて採用後に適切な評価を受けられる企業を探してみましょう。また、職種や部署によって必要とされる英語力のレベルに違いがあるため、求人募集の情報や公式サイトを利用して志望企業の応募条件をよく調べておくことが大切です。なお、大人数の応募がある外資系企業では、英語による面接を複数回実施したり、英語でエントリーシートの提出を求めたりするところもあるため、予め用意しておきましょう。

得意な英語を活かしたい方やグローバルに活躍できる職場で働きたい方は、外資系に転職したいと考えることも多いのではないでしょうか。外資系企業へ転職するには通常の転職とは異なることもあり、違いを知っておくことが重要です。ここでは外資系企業のメリットと転職するときのコツなどを詳しく紹介します。

© Copyright Foreign Workplace Introduce. All Rights Reserved.