英文の履歴書の書き方

外資系企業に転職するために必要になるのが英文で書かれた履歴書です。日本語で書いた履歴書の内容をそのまま英語に直訳すればよいというものでもなく、英文履歴書を書くうえでは独自の注意点もあります。英文履歴書では日本語の履歴書と同様に氏名や住所などを記載する必要があります。そのほかに転職先の会社で希望する職務の内容も同様に英語で記載します。また、これまでに働いてきた会社や、経験してきた職務の内容もわかりやすく英文で記載する必要があります。学歴や所有している資格なども英文で書きますが、これらの文章を書くときに気をつけなければいけないのは主語の使い方です。通常の文章では私を表す「I」ではじめますが、履歴書では主語をつけないで文章を書くのがルールです。

履歴書とともに必要なカバーレター

外資系企業に転職するための就職活動をする際に、英文の履歴書とともに準備する必要があるのがカバーレターです。これは履歴書に記載した以外の必要事項を記載するために提出する書類です。日本語の履歴書の場合には、履歴書の中にさまざまな事項を一緒に記載する場合が多いですが、英語の履歴書の場合には、履歴書に掲載する事項は主に職務経歴に関することに限られています。それ以外のことはまとめてカバーレターに記載して提出するのが、外資系企業の特徴になっています。カバーレターに記載する事項として一般的なのが、その企業に就職を希望する志望動機です。また自分のキャリアや能力を自己アピールするための文章なども、カバーレターに記載します。

得意な英語を活かしたい方やグローバルに活躍できる職場で働きたい方は、外資系に転職したいと考えることも多いのではないでしょうか。外資系企業へ転職するには通常の転職とは異なることもあり、違いを知っておくことが重要です。ここでは外資系企業のメリットと転職するときのコツなどを詳しく紹介します。

© Copyright Foreign Workplace Introduce. All Rights Reserved.